2015.06.30
ニュース

ソニー・ミュージックコミュニケーションズと共同開発の店舗向けサイネージ用新マーケティングツール「テニトル」に「ACCESS™ Beacon Framework」が採用

-陳列商品への興味の見える化、マーケティングデータ収集を手軽に実現!-
~加速度センサー付きキーホルダー型Beaconを提供開始~

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:兼子 孝夫、以下ACCESS)と、株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:古川 愛一郎 以下SMC)は、加速度センサー付きキーホルダー型Beacon(ビーコン)を活用した、店舗向けの新しい商品マーケティングツールとして、SMCのクラウド型サイネージ「POPshare®(ポップシェア)」の新機能「テニトル」を共同で開発しました。

両社は、「POPshare」をACCESSの位置連動型コンテンツ配信プラットフォーム「ACCESS Beacon Framework(ABF)」に対応させ、ACCESSの「加速度センサー付きキーホルダー型Beacon」と組み合わせることで、店舗マーケティングの見える化を促進してまいります。

「テニトル」は、店舗の商品サンプルに「ABF」対応Beaconの新製品「加速度センサー付きキーホルダー型Beacon」を取り付け、商品に興味を持った来店客がサンプルを手にとる行為によりBeaconの加速度センサーが個別ID信号を発信し、「POPshare」のサイネージ動画が商品の訴求動画に切り替わりアピールする画期的な仕組みの新マーケティングツールです。また、本機能により、来店者が商品を手に取った時間帯、秒数などの興味の指標となるデータがクラウド側に蓄積され店舗マーケティングのデータとして活用できるようになります。

『テニトル』活用イメージ

本システムは「POPshare」のAndroidクライアント端末と「ABF」の加速度センサー付きBeacon端末のみを利用したシンプルな仕組みとなり、大型什器などを必要とせずに手軽に導入できることが特徴となっています。

「テニトル」の開発に際して、ACCESS は、映画館、コーヒーマシンなどで国内初となる商用実績を有する「ABF」のノウハウをSMC へ提供し、SMCのクラウド型サイネージ「POPshare」の「テニトル」新機能の実現を支援いたしました。併せて、SMCのサイネージにおけるノウハウを反映し、新たに「ABF」対応の加速度センサー付きキーホルダー型Beaconを開発し、提供いたしました。

今後、ACCESSは、本Beaconを、「ABF」のBeaconラインナップの一つとして提供することにより、O2Oをはじめ、幅広い分野におけるBeaconを活用した画期的な新サービスの創出を支援してまいります。

なお、SMC では「テニトル」機能に対応した「POPshare」を「先端コンテンツ技術展」(日時:2015年7月1日~3日、於:東京ビッグサイト)での参考出展を皮切りに、2015年8月より順次市場への投入を予定しています。

【POPshare概要】
2014年よりSMCが提供するクラウド型配信サイネージ。動作センサー付きキーホルダ型ビーコンやNFCを利用した「テニトル」マーケティング機能を搭載し、既設のモニターなどを利用することで手軽に運用できることが特徴となっています。
URL:http://www.smci.jp/popshare/

※POPshare、テニトルは、株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズの商標または登録商標です。

加速度センサー付きキーホルダー型Beaconに関しては、特長ページをご参照ください。

 


プレスリリースに関しては、ACCESSホームページをご参照ください。

http://jp.access-company.com/news_event/archives/2015/20150630/

今後共、ABFをどうぞよろしくお願いいたします。

 

ABFサポートチーム

お問い合わせ

トップへ戻る