2014.12.9
ニュース

ABFを活用した新たなビーコン・エコシステムの構築を発表

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏伸哉、以下ACCESS)は、同社のBeaconを用いた位置連動型コンテンツ配信サービスプラットフォーム「ACCESSTM Beacon Framework(ABF)」をベースにした“人と情報が触れ合う瞬間の価値を共有できる”エコシステムの構築を目指し、本日より2015年1月31日まで、首都圏にて商業施設などを運営し、本エコシステム構築に賛同いただける事業者を募集し、「ABF」のBeacon機器を無償で提供いたします(合計で1万個)。


ACCESSは本年2月に「ABF」のサービス提供を開始し、既に映画配給会社や、小売店等、様々な企業様において新しいO2Oサービスのツールとして採用・検討いただいております。他方、現在のBeaconの利用用途の多くは、各社のマーケティングツールの域を出ていない現状があります。 ACCESSはこれまで、本格的なIoT時代の到来を見据えて、モバイルやセンサーなどのデバイス側の技術とクラウド側の技術を開発・提供してまいりました。人の位置情報に応じて情報のプッシュ配信が出来るBeaconは、人があらゆる場所でクラウドとつながり、有益な情報に出合うことを可能とする技術です。ACCESSはこうしたBeaconの可能性を信じ、Beaconを各社ごとのマーケティングツールからオープンなエコシステムへと進化させることにより、Beacon設置者、情報配信ツールとしてのスマートフォンアプリケーションベンダー、情報提供者それぞれが利益を享受できると考え、この度「ABF」を活用したオープンなエコシステムの構築を推進していくことを決定いたしました。


この実現化には、多くの人が消費・購買活動を行う主要な施設にBeaconを設置し、同施設を訪れた人がBeaconに接触した際に保有しているスマートフォンのアプリケーションを通じて、その人に価値のある情報配信を行うためのプラットフォームを構築する必要があります。このため、ACCESSは、この度、このエコシステムの構築に賛同いただける企業(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県の施設運営事業者)を募集させていただく次第です。


併せて現在ACCESSは、本エコシステムの構想に賛同いただけるスマートフォンアプリケーションベンダーの企業様とも協業の協議を進めており、「ABF」のBeacon機器を順次配布し、来春からから情報配信の実証実験を開始する予定です。実証実験では、アプリケーションを利用するユーザーにとって有益な情報提供を行うための効果測定とデータ収集を行い、その後、本格的な展開を予定しています。


今回、無償配布させていただきますBeaconを活用し、データの取得と情報の配信を行ってまいりますが、自社のO2Oサービスのツールとして自社のスマートフォンアプリケーションに自社のプロモーション等の情報を配信することも可能です。その際、スマートフォンアプリケーションに組み込む「ABF SDK」とテスト配信も無償で提供させていただきます。


【想定施設】

スーパーマーケット・ドラッグストア・コンビニエンスストア等の小売店舗、デパート・ショッピングモール等の複合施設・アミューズメント施設、書店・アパレルショップ・雑貨店等の専門店舗、ファミリーレストラン・カフェ等の飲食店舗、交通機関および交通機関施設等


■お申し込み方法

https://a-beacon.com/campaignからお申し込みフォームに必要な情報を記載の上、お申込みいただけます

お問い合わせ

トップへ戻る